集成室

室方針

室長:関 康児

 長野JCはこれまで多岐に亘る活動や多くの人との出会いを通じて、仲間と共に磨き合い、組織としても成長して参りました。様々な活動に対するメンバーの想いや立場が違う中で、まずは一人ひとりが目的意識を持ち、自発的に資質向上に向けて行動することが必要だと考えます。
全ての活動は明確な目的と強い想いで成り立ち、参加意欲を掻き立てる魅力あるものでなくてはなりません。主体性を持った多くの仲間が集い、地域の未来について皆で真剣に考える機会を通じて個々の成長と仲間意識の向上へと繋げます。
また、LOMの枠を超えた世界各国、日本各地のJC運動への参加は出向者に多くの出会いと新たな気付きをもたらし、そこでの経験と成長が組織としてのさらなる飛躍にも繋がります。高い志を持ち自ら率先して学ぶメンバーを積極的に支援することで、出向者とLOMが成長する環境を創出します。
多くの学びを得られる機会に喜びを感じ、JAYCEEとしての成長を通じて長野JCの組織力を向上させ、この地域を発展させる上での原動力となるべく活動して参ります。


例会委員会

委員長:山口 一生

 長野JCは65年もの永きに亘り、メンバーが一同に集う例会で、我々の志をひとつにし、学びを深め、共に切磋琢磨することで、強固な組織を築いて参りました。例会に出席することは、すべてのメンバーが平等に持つ権利であると同時に義務であるからこそ、自ら明確な目的意識を持ち、自発的に参加することが必要だと考えます。
全メンバーで情熱を持ってセレモニーを行い、月1度我々に直接語られる理事長の言葉を共有することで志をひとつにしていきます。そして自発的参加意識を向上させるために、先達が残してきた例会への想いと伝統を受け継ぎながら、より価値があり、より有意義な例会が構築できるよう、積極的に担当委員会を支援します。また全メンバーが貴重な時間を費やし例会に出席しているのだからこそ、礼儀と礼節を重んじ規律正しい運営を当委員会が率先して心掛けます。
例会を通して、一人ひとりの意識と姿勢が変化することで、青年会議所運動の推進力が高まり、この力をより加速させることで、強固な組織を創造すべく例会運営に邁進して参ります。


出向者支援委員会

委員長:森山 翔

 長野JCの出向者は65年の歩みの中で世界各国、全国各地のメンバーとの様々な出会いと学びを経験し、それらをLOMに還元して参りました。この歴史をさらに輝かしいものにするために、本年も出向者への支援をLOMを挙げて行う必要があります。
当委員会では、LOM全体での支援体制を構築するための最大限のバックアップを行います。その上で長野JCの代表として活躍する出向者一人ひとりが生き生きと輝き、時に安らぎを得られるような事業を展開します。また、出向者とLOMとの懸け橋となるべく情報発信を余すことなく行い、出向者の運動を肌で感じてもらうことで出向の意義と魅力を伝え、未来への一歩を踏み出す機会を創出します。出向に伴う成長への理解を深め、より多くのリーダーたる人材の輩出へと繋げます。
出向者が出向という機会を決意したことへの誇りと、今後のJC運動への気概を高めるべく、当委員会が先頭に立ち力強く支援します。多くのメンバーがLOMの枠を飛び出すことで、地域を牽引する人材が集う組織としてさらに発展すべく邁進します。