協翼室

室方針

 長野JCは設立以来、明るい豊かな社会の実現のため、地域社会に根ざした素晴らしい運動を数多く推進してきました。多岐にわたる運動がより良い形で実現するためには、委員会同士の連携とLOM内の結束を図ることに加え、関係諸団体や市民に信頼される組織運営を行っていくことが重要です。さらに、長野JCの存在意義が正しく周知されるようLOM内外を問わず広く地域社会に我々の運動とその想いを伝播させていくことが必要です。
そのためにも公益社団法人としての適正な財務管理と力強い組織運営のサポートを行うとともに、メンバー及び地域社会に対し効果的な情報発信をし続けることにより、強みや魅力を高めつつ信頼と共感される長野JCのブランドを構築します。
当室は、メンバー一人ひとりが持つ力を遺憾無く発揮し、それぞれの事業に熱い想いを込めることに注力できる組織運営を目指し、組織を根幹から確実に支え、長野JCが地域に必要とされる団体としてあり続けるよう協力翼賛を第一義として活動して参ります。


総務財務委員会

委員長:小林 大輔

 長野JCは永きに亘り長野市の次世代を担うリーダー集団として、まちづくり運動を推進してきました。公益社団法人として市民や行政から信頼される組織であり続けるために、当委員会はLOMの土台を担い、確固たる組織運営の要となる責務を負っています。総会、理事会を円滑に設営し、意思決定を確実に遂行するとともに、メンバーにその意義や重要性をあまねく手法で周知し、組織の一員としての当事者意識を高めます。また、財務においては徹底した審査と管理で運営し、メンバーの貴重な事業資本が効果的に活用されるよう努めて参ります。
長野JCのメンバーは一人ひとりが「英知と勇気と情熱」をもって事業に参画し、熱い想いを継承する責任を有しています。そのためにまずは当委員会メンバー一人ひとりが高い当事者意識を持ち積極的に各事業へ参加することで、より一体感のある組織を目指します。
長野JCが我がまちにとって必要とされる存在であり続けるために、強い信念を持って切磋琢磨し、厳しさと愛情を持ってLOMの根幹を支えて参ります。


広報委員会

委員長:磯 宏典

 情報の伝達手段が増え膨大な情報が溢れている現在、長野JCが推進する運動の情報は伝えたい人に届きにくく、多くの人に活動が周知されていないという課題があります。また、現代社会を取り巻く情勢の中で、氾濫する情報に対する規制も増々厳しくなっています。
この状況を鑑み、当委員会では幅広い世代に伝えるために各種媒体を活用し、広報活動に計画性を持ちその都度状況にあった手法を用いてメンバーの情熱と想いを込めた情報を発信します。また、情報発信に伴い、公益社団法人としての信用を維持するためにコンプライアンスの遵守に努めます。そして、我々の担う役割は対外に留まらず、各委員会と協力し事業の意図をより正確に伝えることで、事業に参加するメンバーに目的意識を持たせ、事業検証の大切さを伝え記録することでさらなる事業の発展に繋げます。
当委員会は、メンバー一人ひとりの想いを積極的に汲み取り、LOMの内外に熱く伝えることで、長野JCが行う各種事業が多くの人を巻き込み、明るい豊かなまちづくりのきっかけとなる広報を行っていきます。