交流室

室方針

室長:山﨑 年起

 人口減少や少子高齢化を発端とする様々な地域問題は、益々多様化、複雑化してきています。また、混迷を極める国際情勢は、社会に求められるまちやひとの国際化を心理的に阻害する要因になりかねません。これらの難題を抱える長野のまちに対し、我々は青年らしく未来志向の発想で市民意識を変革するまちづくり運動を展開し、地域の課題解決に努めていくべきです。
地域の課題解決に向け、長野JCが長年取り組んできた地域内、国内外との交流事業は今、成熟期を迎えています。築き上げてきた地域との連携や国内外の志を同じうする同士との深き絆をさらに深化させるとともに、従来の発想に囚われない新たな交流の可能性を模索すべきです。より多様な交流によって得られる多元的な知恵こそが、長野のまちの未来を照らすアイディアの源泉となり、それらをまちに伝播することで地域住民による自発的で活気あるまちづくりへと繋げていきます。
我々は地域住民と明るい豊かな長野のまちの未来とを結ぶ懸け橋となるべく、交流事業を中心にまちづくり運動に邁進して参ります。


地域連携委員会

委員長:吉田 茂巧

 我々を含め若者が率先して自らが住まうまちの魅力を発信し、まちを牽引して行く姿こそが活気あるまちの本来の姿であると考えます。しかし、近年は若者の大都市圏への流出が顕著であり、各地域で未来のまちの担い手不足が懸念されています。
そんな若者に長野のまちの古き良き文化を受け継いでいく意義を感じていただけるよう、歴史と伝統あるながの祇園祭をその機会として活用します。また、長野JCが移住促進を目的として立ち上げたヤングブルー村は移管計画の最終年度として地域住民主体による運営を実現するとともに、長野のまちのさらなる可能性を切り開くために、地域の様々な団体や若者と連携しながら多角的な視点で長野のまちの魅力を見つめ直し、その魅力を活かした若者らしい斬新な発想で地域活性化事業を展開します。
長野に住まい長野を故郷とする若者がまちに魅了され集い、自らがその魅力を発信することで、次世代の担い手達によるまちの魅力を最大限活かした活気あるまちづくりを実現すべく、その先駆けとして活動して参ります。


国際交流委員会

委員長:市川 太

 長野JCの国際交流事業は、諸先輩方が永きに亘り築き上げてきた歴史と伝統のある事業です。本年、長野JCが創設65周年という記念すべき年を迎える中、諸先輩方に改めて敬意を表し「ソウル江北青年会議所」「台中國際青年商會」両LOMとの交流の意義をこの節目に再確認します。我々が民間外交の担い手として率先して異文化交流を行うことで、両LOMとの絆をさらに強固なものへと深化させます。また、ソウル江北青年会議所との児童交流事業「アイドゥルミッション」では、創始の想いを振り返るとともに、未来を担っていく両国の子どもたちが互いの文化や価値観に触れながら、愉しく交流することで新しい自分に気付ける場を創出します。
さらに、長野のまちに住まう外国人、まちを行き交う外国人が益々増えていく中で、国際関係諸団体と積極的に連携し、多文化が共生するさらなる国際都市に向けて必要となる交流事業を模索します。
歴史ある交流を未来へと繋ぎ、新たな交流を構築することで、より国際色豊かな長野のまちの実現に向けて活動して参ります。