開来室

室方針

室長:中村 将臣

 長野青年会議所は創立65周年という一つの節目を迎えます。長きに亘り先達がまちの未来に絶えず夢を描き、地域社会の発展に向けJC運動にご尽力された輝かしい足跡があります。
本年は先輩諸兄に現役メンバーが改めて敬意を払うべき1年です。時代は違えど創始と変わらぬ「志」を引き継ぐ私たちだからこそ、今一度原点に立ち返り築き上げられた歴史と足跡を胸に刻み、後世へ伝承する懸け橋として、新たな未来を切り開く運動を力強く推進する必要があります。また、改めてJC運動の本質と向き合う中で、今我々は何をすべきか、時代は何を求めているのか、指針を明確にすることにより共通認識を確立します。そして、まちづくり、ひとづくりに対して共創共生の姿勢を根底に持ち、長野に秘められた無限の可能性を地域に発信することで、ひとの意識をさらに高く前向きなものへと変革します。
過去と未来を結ぶ伝承者として、次世代へ確かなバトンを受け継いでいくことにより「明るい豊かな社会」即ちだれもが愛することのできる長野を創造すべく邁進いたします。


65周年創力委員会

委員長:有吉 隆

 長野JCは65周年という節目の年を迎え、70周年とその先を見据えまちの未来を決めるべき岐路に立っています。これまで先達が幾多の困難を乗り越え情熱を注いできた運動と歴史を紐解き、その変遷を学ぶことで改めてまちづくりにおける根幹を再認識するとともに確実な検証を行います。
我々が成すべき運動は何か、熱い議論を交わし、互いに想いをぶつけ合うことで一つの方向性を導き、未来への道筋を立てます。また、過去の事業に対し客観的視点で対外からの評価を得ることにより、今後の事業構築においての精度を高めます。そして未来に向けた具体的なビジョンを構築していく過程において、当委員会が羅針盤の役割を担い、舵を取りLOMを牽引してまいります。さらに、明確な未来の指針を記録に残すことで、対内だけでなく対外に向けても広く伝播いたします。
明確な未来ビジョンの存在は、まちづくりとひとづくりにおいての大きな原動力となり、この力をもって新たな時代を切り開き、明るい豊かな社会の実現のために覚悟をもって邁進します。


65周年創伝委員会

委員長:加藤 昇平

 本年、長野青年会議所は65周年を迎えます。先達が「明るい豊かな社会」の実現に向け、青年の斬新な発想のもと、LOMの力を結集し創り上げた事業は長野に大きな効果をもたらし、今尚輝かしい功績として語り継がれています。改めて先達をはじめ関係諸団体に敬意を表し、感謝の気持ちを形にするとともに長野に好影響をもたらす事業展開が必要です。
節目の年を迎えるにあたり、長野青年会議所に関わる多くのひとが一同に会する機会を創出し、会員の意識高揚を図り対外との関係性を深めることで、JC運動の推進力をさらに高めます。そして広く市民を巻き込んだ運動を展開し、無限にある長野の魅力を再確認することで、市民との高いレベルでの意識共有を図り自主的なまちづくりへの意欲を高めます。また、全メンバーの参画を通じて、まちに活気をもたらすことへの喜びを分かち合います。
長野青年会議所の総力と長野に秘められた潜在能力を結び、新たな未来を切り開きます。そして地域とともに成長し未来を描き続け、希望に満ち溢れた長野を創造するべく専心いたします。